トレーダーの腰痛の治し方について

 

 こんにちは。マスフィです。

 
  今日は、仮想通貨病の一つである「腰痛」について書いてみました。
 
 
 
 

 

 

 

先日、仮想通貨の情報発信をしている、マナさんのこんなツイートを見かけました。

 

 

 

 

僕自身、普段トレーダーさんをはじめ、
デスクワークの方の腰痛改善に携わっていることもあり、返事してみると、

 

 

 
と、マナさんから早速お返事が。

 
 
 

 

そんな流れで、ご相談を受け、

先日、マナさんの腰の状態を診させていただきました。
 
 
 

 

 

結果を先に申し上げますと、

 

マナさんの腰痛は、

「10」ある痛みのうち、「2〜3」のレベルまで改善することができました。

 

 

 

 
ちなみに、

 

「腰痛の原因は、腰にはほぼ無い。」

 

というのが、臨床経験に基づく僕の考えで、マナさんの場合も、施術中、腰には殆ど触れませんでした。

 

 

 

 

では、腰を治療しないで、どのように腰痛を改善するのか。

 

 

 

今回の記事では、実際にマナさんの腰痛事例を見ながら、

 

・腰には存在しない腰痛の本当の原因

・巷にあふれる間違った腰痛治療

・トレーダーの方に適した腰痛の改善法

 

について、お話します。

 

 

 

 

仮想通貨のトレーダーの方で、腰痛に悩まれている方がけっこう多いという印象を受けました。

そういった方の役に立てればと思います。

 

 

 

問診

 

 

 

では、施術の前に、マナさんの生活習慣について教えて下さい。

 
 
 

はい。ブログを書いたり、そのネタを仕入れるためにチャートみたりしているので、基本一日中座りっぱなしです。
 
 

 

1日10時間とか?
 
 
 

 

はい。そういう日もあります。
 
 
 
 
 
 

はじめに、仕事や運動など、マナさんの生活習慣について3分ほど聞きました。

生活習慣によって、腰痛の原因となる筋肉の部位が異なる傾向があるので、この問診はとても大切にしています。

 

 

 

腰痛原因の特定と施術

 

 

 

では、マナさん、腰に手をあてて、後屈してみてください。こんな感じで。

 

 

 

(※無理のない範囲で大丈夫です)

 

 

 

 

うーん。なんか左の腰が突っ張る感じで、曲がりにくいです。

 

 

では、ちょっと失礼します。
 

 

 

ここで僕は、マナさんの足の筋肉を押さえました。

 

 

 

では、再度、後屈してみてください。

 

 

 

おおー!さっきより、曲がります。なんでですか・・・。
 

 

 

足の筋肉が硬直して、腰の筋肉を引っ張っていたからです。今そこを緩めたので、腰の筋肉も緩みました。

 

 

足の筋肉って関係してるんですね。

 

 

はい。全身の筋肉はつながっているので。

 

 

 

 

 

 

これで、腰痛原因ポイントを一つ見つけました。

 

 

 

では、次に、ベッドに仰向けになってください。

 

はい。

 

 

では、お腹の筋肉を診ていきます。

 

 

え、お腹ですか。

 

 

はい。お腹の筋肉も腰とつながっているので。

 

 

強く押したりはしないので、安心して下さい。では触れていきます。

 

 

 

 

 

 

 

おおー!

 

 

なんか、わかりますか。笑

 

 

はい。なんかコリに触れているって感じです。痛気持ちいです。笑

 

 

はい。では立ってみて下さい。先と比べてどうですか。

 

 

え、すごい・・・。さっきより腰が楽です。笑

 

 

 

これで、2つ目の腰痛原因ポイントを見つけました。

 

 
 
 
 

ある程度の腰痛原因が特定できたので、「足」と「お腹」の2つのポイントを中心に、施術をしました。

 
 
 
 

30分後

 

 

お疲れ様でした。腰、どうですか。

 

 

いや、かなり楽になりました。頭もスッキリして、視界も明るくなった感じがします。

 

 

良かったです

 

 
 
 

 

 

腰痛改善の理論

 

 

腰痛の原因が「腰以外」にある理由

 

実際に、マナさんの腰痛も「腰以外の筋肉」を緩めることで、改善することができました。

 

では、なぜ「腰以外の筋肉」が原因となるのか。

 

 

 

腰痛が起こるプロセスを簡単に説明すると、次のようになります。

 

 

①どこかの筋肉が硬直する(個人の生活習慣で箇所は異なる)

②硬直した筋肉が、腰の筋肉を引っ張る。

③腰に痛み・つっぱり感が発生する。

 

 

 

まず、大前提として、全身の筋肉はつながっています。

 

 

「筋肉A」が硬直して縮めば、「筋肉B」が引っ張られます。

「筋肉B」が引っ張られると、「筋肉C」も引っ張られる。

 

 

つまり、

何かがきっかけで、「筋肉A」が硬直すれば、

遠くにある「筋肉C」に問題(痛み)が起こるのです。

 

 

 

 

しかし、一般的な治療では、

「筋肉C」(痛みがある所)のみに注目し、そこの痛みを取り除こうとします。

 

 

原因は「筋肉A」なのに、「筋肉C」に湿布をはったり、痛み止めの注射をしたりするのです。

 

 

これは、

 

天井(A)から雨漏りして、床(C)が水浸しになっているのに、

天井(A)を修理せず、床(C)の水をひたすら取り除いているような状態です。

 

 

 

これでは、根本的に解決しません。

 

 

 

僕の治療では、根本原因(A)を見つけることに、最も力を注ぎます。

天井(A)に気づかず、どれだけ上手く床(C)の水を取り除いても、全く意味がないからです。

 

 

 

正しい根本原因(A)を見つけ、そこの筋肉を緩めることができれば、

痛み止めや注射、手術などしなくても、腰痛を改善することは十分可能となります。

 

 

 

なぜ「お腹」と「足」の筋肉なのか

 

 

今回のマナさんの腰痛の場合、根本原因(A)は、「お腹」と「足」の筋肉でした。

 

 

 

では、なぜ「お腹」と「足」に着目したのか。

まず、「お腹」について説明します。

 

 

 

マナさんの場合、

椅子に座り「仮想通貨チャートを1日中チェックしてるような生活」を送っていました。

 

 

そのような状態が長時間続くと、自然と「猫背」になりやすくなります。

 

猫背になると、お腹が縮んだ状態になり、お腹の筋肉が硬直します。

 

(※イメージです)

 

 

お腹の筋肉は、腰とつながっているので、腰の筋肉が引っ張られ、腰痛が発生します。

 

これが、「お腹」の筋肉の硬直が、腰痛につながるプロセスです。

 

 

 

 
また、「眼」の筋肉も「お腹」の筋肉とつながっているので、
 
 

ディスプレイの見すぎ→眼精疲労→「お腹」の筋肉の硬直→腰痛
 
 

というプロセスも考えられます。
 

 
 

 

 

実際に、マナさんの「お腹」の筋肉は硬直していて、そこを緩めたら、腰痛は改善しました。

 

 

実際に触ったところは、この青い部分です。

 

 

 

 

 

次に、「足」です。

 

今回は足の「外側」の筋肉に着目しました。なぜ足の「外側」の筋肉なのかを説明します。

 

 

まず、前提として、人体は「内側」と「外側」の筋肉でバランスをとって、自立しています。

 

「内側」の筋肉が硬直して機能しなくなれば、自然と「外側」の筋肉で身体を支えようとし、「外側」の筋肉に負担がかかります。

 

 

 

マナさんの場合、「お腹の筋肉(内側)が硬直していた。」と説明しました。

つまり、身体の「内側」の筋肉が機能せず、「外側」の筋肉に負担がかかりやすい状態です。

 

(※イメージです)

 

 

①お腹(内側)の筋肉が硬直し、機能しなくなる

②足(外側)の筋肉に負担がかかり、硬直する

③足(外側)の筋肉が、腰の筋肉を引っ張る

④腰痛が発生

 

となるわけです。

 

 

これが「足」の筋肉の硬直が、腰痛を引き起こす理由です。

 

 

実際に、マナさんの足の筋肉を調整したら、腰痛も改善しました。

 

実際に緩めたところはこちら

 

 

 

 

④トレーダーの方に適した腰痛改善法

 

 

 

今までの臨床データを検証すると、

トレーダーさんは、1日中座りっぱなし+ディスプレイを見る時間が長いため、

 

・猫背や眼精疲労で「お腹」の筋肉が緊張・硬直しやすい

・それにより「足」の筋肉も硬直しやすい

 

という傾向があります。

 

 

したがって、トレーダーさんの場合、

 

「お腹」と「足」の筋肉の緊張を解くことで、腰痛が改善する可能性は高くなります。

 

 

 

 

 

しかし、正直、正解はありません。

 

 

 

 

人によって生活習慣が違えば、負担がかかる筋肉も異なり、

原因が「お腹」「足」以外の場合も、でてくるからです。
 
 
(※実際に、お腹と足以外が原因の方もいました)
 

 
 
 

 
そういう点から、僕がおすすめするのは、

 
 

・患者さんの生活習慣や身体の状態をしっかり診る

・腰以外の筋肉を触って、原因を探せる

・その上で、その人にあった治療をしてくれる

 

治療家さんに診てもらうことです。

 

 

 

本当に治せる治療家さんは、最初から原因を一つに絞りません。

問診や触診を通して、仮説を立て、検証し、施術をします。

 

 

 

慢性腰痛が改善せず悩まれている方は、

まずは、そういう治療家さんに相談してみて下さい。

 

 

 

もし身近にいらっしゃらなければ、ツイッター等でご相談にのりますので、DMでお気軽にご連絡ください。

 

施術後のマナさんの感想

Twitterではおふざけキャラなんですが、実際会ってみると物腰柔らかく”超”が付くほど真面目でした。
簡易ベッドまで持って来てくれたのは驚きました。
 
施術についてですが、結論から言うと満足です。
ヒアリングがしっかりしていて、体の筋肉の繋がりやメカニズムを元に治療していきます。
 
「ここが固いとここが痛みやすいので緩めます」と言って、施術をした後に痛かった箇所を動かすと、不思議な事に楽になります。
 
施術が終わった後は視界も明るく頭も軽くなりました。
 
ですがちょっと揉み返しが起こったので、私と同じような体質の人は施術前に「揉み返しが起こりやすい体質です」と申し出た方が良いかもしれません。
 
日常生活やデスクに座っている時の注意点を教えて頂いたり、「炭水化物を摂り過ぎない方が治りが早い」とアドバイスも頂きました。
 
”体が資本””健康第一”と頭では知っていながら、人間は不思議と非合理的な生活しちゃうんですよねぇ・・。
マスフィさんのような身体についてのアドバイザーがいると、健康管理も仕事も両立できるのではないか、と思います。
 
ディスプレイを見る時間が多い方、地元で自分に合う治療士が見つけられない方の助けにもなるかもしれません。
 
マスフィさん、ありがとうございました!

 
希望や状況に応じて、出張整体も対応します。

ご相談はこちら